ウィッグ購入まるわかりガイド☆

TOP > ウィッグ情報 > ブカブカウィッグはカッコ悪い!サイズを測ってから購入しよう

ブカブカウィッグはカッコ悪い!サイズを測ってから購入しよう

ウィッグのサイズが合わず、浮いてしまったり大きすぎて不自然に動いてしまったりした経験のある人は多いと思います。
人に指摘され恥ずかしい思いをした人もなかにはいるでしょう。
通販サイトでウィッグは見ただけではサイズが分かりにくいので、サイズを測ってから購入しましょう。
ウィッグのサイズは、SサイズからLサイズまであり、どこのメーカーでも同じです。
しかし、メーカーによって多少違うので注意が必要です。
購入する前に、頭のサイズを測りましょう。
おでこと後頭部を通るのではなく、前髪の生え際から耳の付け根を通って、ボンノクボの呼ばれる首と頭の境目を通りすぎ一周した長さを測ります。
メジャーで測るのは難しいので、ひもを使ってください。
そのひもの長さを測れば正確な長さを把握できます。


お店で買うのがいちばんですが、まだまだ通販サイトを利用する人が大半だと思います。
しかし通販サイトの写真だけだと、正確なサイズや色合いは分かりにくいものです。
通販によって値段やメーカーも違います。
では、どの通販サイトを選んだらよいのでしょうか。
まずは写真をよくチェックしましょう。
つむじのアップ写真や、つけたときの後ろ姿など、ウィッグの状態が伝わってくる写真が載っているサイトがよいでしょう。
ウィッグの情報が詳しく載っているかもチェックポイントです。
激安ウィッグばかりのサイトは避けましょう。
基本的に、高いウィッグのほうが質がよく扱いやすいです。
安いものはそれなりの質ですので、よく考えから購入してください。
ウィッグの返品は基本的にクーリングオフの期間だけです。
クーリングオフの期間を過ぎると返品できなくなるので注意しましょう。
サイズが合わない、という理由では返品できない場合が多いのであらかじめサイズを測っておくことが重要です。


サイズの合わないウィッグは、動く度に違和感を感じて不快な思いをするだけです。
いつズレるかわからない不安を抱えたままではウィッグをつけて外を歩けません。
自分のサイズに合った自然なウィッグを選ぶのが大切です。
ウィッグの量も自然さを左右する大事なポイントです。
髪の毛の量が多い人はワンサイズ大きいものがおすすめです。
量が多すぎるとモサッとして不自然になり、ウィッグだとばれやすいです。
毛先にほどよくシャギーが入っているものを選びましょう。
自分の頭のサイズに合っており、サイズ調整できるアジャスターがついたタイプのものがおすすめです。
初めてウィッグを買うときは右も左も分からないと思います。
サイズ感を知るためにも、誰でもよいのでウィッグを借りてみましょう。
友達に借りるのもおすすめです。

TOPへ