ウィッグ購入まるわかりガイド☆

TOP > ウィッグ情報 > ウィッグは人毛?ファイバー?それぞれのメリットデメリット

ウィッグは人毛?ファイバー?それぞれのメリットデメリット

ウィッグはおしゃれで使いやすく印象を変えることができるアイテムです。
茶髪や黒髪はもちろん、ピンクやブルーなどカラフルなものもたくさんあります。
ウィッグには二種類あり、人工のものと人人間の髪の毛を使用しているものです。
それぞれメリットとデメリットがあるので、自分の好きな方を選んでウィッグ生活を楽しみましょう。
人工のウィッグとは、化学繊維を使用しているものを指します。
ナイロンやポリエステルがほとんどで、耐熱性に優れているのがメリットです。
熱に強いのでアイロンで伸ばしたり巻いたりしても大丈夫です。
人毛ウィッグよりも安く、耐久性もあります。
ウィッグによって耐えられる温度が違うので注意しましょう。
化学繊維なので外に出るとテカってみえたり、ばれやすいのが人工ウィッグのデメリットです。
その上、絡まりやすく不自然に見えてしまいます。
人工ウィッグは、様々な色のウィッグが揃っています。
いろんな色のウィッグを楽しみたい人におすすめです。


ウィッグを使うときは、絶対にばれたくないものです。
人毛ウィッグは、人間の髪の毛を使用しているウィッグです。
キューティクルの光の反射やつむじが自然で、地毛とよく馴染むのがいちばんのメリットです。
絡まりにくく扱いやすいのもポイントです。
人毛ウィッグのデメリットは、劣化が激しくメンテナンスの手間がかかることです。
シャンプーする度に色褪せ、髪の毛が抜け落ちることもあります。
自分で染めることもできますが、ウィッグ専用のシャンプーや染め粉が必要で、なかなか大変です。
人毛なので、人工ウィッグよりも高く売られています。
高いのがネックですが、しゃがんだときや激しく動いたときも自然な髪を保てます。
着けていてもウィッグだとばれる可能性は低いので、絶対にばれたくない人におすすめです。


ウィッグの寿命は約1年から2年と言われており、意外と短いものです。
長持ちさせるためにも、丁寧に優しく取り扱いましょう。
絡まった部分は、専用のブラシを使って毛先から優しくほどきます。
意外と汚れが溜まっているので、専用のシャンプーを使って洗髪しましょう。
オイルスプレーを使うとより長持ちします。
保管方法はウィッグスタンドか専用ケースが一般的です。
ウィッグスタンドは型崩れを防ぐのでおすすめです。
スタンドは、ネットで安く手に入ります。
専用ケースに保管すれば、埃からウィッグを守れます。
スタンドを置く場所がない人におすすめです。
お気に入りのウィッグほど劣化を防ぎたいですよね。
ウィッグを正しく保管して、優しく丁寧に扱えば、長い間愛用できます。
ウィッグを使うときは、優しく取り扱いましょう。

次の記事へ

TOPへ