ウィッグ購入まるわかりガイド☆

TOP > ウィッグ情報 > ウィッグの形や素材そして目的による違いについて

ウィッグの形や素材そして目的による違いについて

ウィッグには、まず形の違いによる種類があり、フルウィッグや部分ウィッグ、ハーフウィッグなどがあります。
フルウィッグは、頭全体を覆うように装着するタイプであり、ウィッグというとこのタイプをイメージする方が多いでしょう。
頭全体を覆うので一気にイメージチェンジすることが可能なため、服装と合わせてスタイルをフルチェンジしたい場合などに向いていると言えます。
そして部分ウィッグは、地毛と馴染ませて使う部分的なウィッグであり、ボリュームが欲しい箇所などに装着して使用します。
部分ウィッグはサイズや色も豊富に揃っているため、自分に合ったものを選びやすいと言えますし、ウィッグ初心者でも始めやすいタイプだと言えるでしょう。
さらにハーフウィッグは、襟足部分や耳の近くの部分がないタイプであり、部分ウィッグよりも広い範囲をカバーできるウィッグになります。


次にウィッグの素材の違いによる種類としては、人毛や人工毛、ミックスがあります。
人毛は、人間の髪の毛を使ったウィッグであり、見た目が自然になるというのが最大の特徴で、熱に強くアレンジがしやすいというメリットもあります。
ただし人毛は色落ちしやすいことや、値段が高いというデメリットがあると言えるでしょう。
そして人工毛は、ポリエステルなどの素材でできたウィッグであり、変色しにくく手入れも楽にできることや、値段が安いというメリットがあると言えます。
しかし人毛と比べると見た目が不自然になってしまう場合が多いというデメリットがあると言えるでしょう。
さらにミックスは、人毛と人工毛を混ぜたものであり、それら両方の性質を併せ持ったウィッグだと言えます。
ですので人工毛よりも見た目が自然であり、人毛よりも手入れがしやすいといったメリットがあると言えるでしょう。


さらにウィッグには、医療用とファッション用という違いがあります。
医療用は、がん治療などの病気によって髪が抜けた際に使用されるものであり、見た目がとても自然で、着け心地も良いという特徴があります。
ですので、より自然に見えるとされる人毛が素材として用いられていることが多いですし、通気性の良さや肌ざわりなどにも配慮されていますが、値段は高くなる傾向にあると言えるでしょう。
そしてファッション用は、ヘアアレンジやコスプレといったファッションを目的としたウィッグであり、医療用と比べるとどこでも入手しやすく、値段も安いという特徴があると言えます。
ですので、人毛ではなく人工毛が使われている場合がほとんどであり、医療用のように着け心地への配慮はあまりないと言えますが、手軽にオシャレを楽しみたい場合に向いていると言えるでしょう。

次の記事へ

TOPへ