浴槽リフォームについて

浴槽のリフォームをするなら、ユニットバスを選ぶのが良いでしょう。従来の工法では水漏れのトラブルが多くありました。経年劣化で度々補修も必要でした。ユニットバスなら水漏れトラブルも少ないので、最近の主流になっています。ユニットバスは他にも浴室が暖かい、掃除がしやすい、工期が短いなどのメリットがあります。今の浴室での困りごとをきちんと把握します。困りごとを解消するだけでなく、老後のことも考えて、手すりを付けておく、段差のないものを選んでおくと良いでしょう。浴槽を広くするとゆったりお湯に浸かることが出来てリラックスできますが、設置されている給湯器の能力と見合っているか確認が必要です。きちんと寸法を測り、ショールームで使い勝手や色などの質感を確認すると良いでしょう。ライフスタイルと考えあわせて、追い炊き機能付きの給湯器を付けるか、浴室乾燥機を付けるかなどを決めます。

浴槽のリフォームはケチりすぎないこと

家も長い間時間が経つと老朽化していきますが、その中で優先的にリフォームを検討しなければならない箇所が水回りとなります。その水回りでは台所、トイレ、風呂といずれも毎日使わなければならない場所となるわけですが、もし風呂場である浴槽をリフォームするとなると高級車が買えるくらい高い工事費となりますが、ケチりすぎないことが後悔しない要因となります。さて今ごろの浴槽はそれ自体はFRPで出来ていて80年代の主流であったホーローなどに比べてかなり掃除がやりやすくなっています。またバリアフリーと高齢者社会ということもあって、浅く入りやすく出やすくなってるし、手すりがついていて万が一転倒しかけた時にそれにつかまることで怪我の確率を減らすこともできます。ただ工事となるとそれだけをとはいかず、ユニットバスなために部屋全体を搬入する工事となります。ユニットバスのお部屋は浴槽だけでなくカベもFRPだから掃除しやすいし、出入り口の間の段差がない設計ですが、さらに魅力を出してるのが空調となります。この空調に関して安くいけば換気機能だけとなりますが、ランクをあげれば暖房や冷房や乾燥機能も追加できます。しかしこれは後から追加というわけにはいかないため、工事の際の決断が大事になります。が少なくても暖房を追加していれば冬場の寒暖差が原因の心臓発作などで逝く可能性を減らせます。

毎日使う場所だからこそ浴槽リフォーム

毎日必ず使う家の水周り、特にお風呂場の浴槽は傷みが早い場合が多く、これは常にとりきれない水気や湿気にさらされたり、使用している水質、素材の経年劣化、繁殖した雑菌・カビなどが原因と言われています。傷みを放置しておくと健康被害や建物自体の寿命を縮めてしまう可能性、浴槽が破損している場合、怪我など危険性があるため早急に対処をする必要があります。一番簡単なのはリフォームという方法です。浴室すべてをリフォームしなくても使用している同型か同じ規格の浴槽をはめ込む部分のみの施工も可能です。また毎日の掃除や管理が簡単な素材や防汚・除菌など使う人に嬉しい機能がたくさんの浴槽があり様々なプランを選ぶこともできます。リフォーム会社もたくさんあり価格設定や施工例や実際利用した方のレビューなどを判断材料に選ぶことも可能です。

トイレの商品種類もバリエーション豊かに取り揃えておりますので、お好みのモデルからお選び頂けます! 給湯器の買い替えをご検討の皆様必見!今なら商品最大90%OFF! 販売実績60万件、施工実績20万件の実績があるので、本当に良いリフォームをご提供できます! 給湯器工事実績は20万件以上、自社スタッフが施工いたしますので安心です! 35万件の施工実績!浴槽のリフォーム